出会い系釣り上げ、大量メルマガなどの悪徳サイト情報を発信しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々の更新です。


ゴールデンウィークに入り、長い人は10連休という人も・・。うらやましい限りです。私は暦通りなので、最大3連休しかありませんが・・。

さて、休みでテレビやネットを眺めていたら、観光客もある程度回復している様子。うれしい限りです。

ですが、とある記事を見ていたら、「福島県」というだけで差別やいじめを受けたりすることもあるとのこと。
ちょこちょこテレビで目にしていましたが、せっかくの休みなのに改めて残念な気分になってしまいました。

放射能に汚染された地域に住んでいた人がそばにいると、放射能が自分にも移って汚染されるから出入りを制限されたりいじめを受けたりということがあるとのことで、なんとも悲しい話です。


福島県の方は原発の影響で自宅にも入れない地域があります。家で今までのように普通に暮らすこともできず、さらに偏見まで持たれるのではひどすぎます。

例えがいいかどうかは分かりませんが、個人的に放射能汚染というのは、昔、工場等から排出される噴煙等で起こった喘息問題のような感じなのかなとイメージしています。

大気に乗って飛散し、また、「ほこり」や「ちり」と同じで、地面にも積もったりします。海にいる魚等にも蓄積されたりもします。飛散する微粒子のようなものなので、それが体や衣服につけば洗い流せます。当然、その放射線の濃度が高ければ人体に影響しますが・・。

その汚染物質によって体調に異変が起こることはありますが、その汚染物質が伝染病のように他の人にうつるというものではありません。


家も失い、家族も仕事も失い、さらに偏見までもたれてはたまったものではありません。とにかく今は生活支援の他に元気付けられる心のケアが必要です。

みんなが復興に向けて力を合わせ、また、被災された方々が再出発できるような環境作りが必要とつくづく感じました。



ランキングに参加中です。応援して頂けると励みになります。お手数ですが、クリックよろしくお願いいたします。
   ↓



最新の記事等のトップへ戻られるときはこちら


スポンサーサイト
この世の中にはいろいろな懸賞サイトや出会い系サイトが存在しますが、残念なことにほとんどのサイトが登録するとひどいめにあうサイトが多いです。


・懸賞サイトやアンケートサイトだと思ったら、なぜか出会い系サイトにも同時登録になっていた。

・懸賞サイトや出会い系サイトに登録してみたら、毎日数十通のメルマガや異性からの誘いのメールが届くようになった。


・アダルトサイトの画像等をクリックしていっていたら、勝手に「登録完了しました。利用金額は○○円です。△△日以内にお支払いください。」などと表示された。



もしメルマガ等くるようになったらそれらは「無視」を決め込むしかありません。もし「不正請求」などきてもそれは無視です。

こちらには出会い系サイトやその他アダルトサイトに登録する「意思」がありませんから、民法上では「錯誤」ということになりサイト利用(の契約)は無効です。支払督促等きても無視です。相手をしてはなりません。

基本的には警察等からまない限りは、相手側がこちらの個人情報を特定することはできません。どうしてもこちらの情報をつかまれた!という不安にかられますが大丈夫です。


もっと不安になるのが、懸賞サイトだと思ったらアダルトサイトにも登録という場合、氏名や住所情報を入力してしまったという場合があります。


その場合でも無視を決め込みます。相手にしてはなりません。どうしても不安なら、各自治体にあります「消費生活センター」等に相談しましょう。




ランキングに参加中です。応援して頂けると励みになります。お手数ですが、クリックよろしくお願いいたします。
   ↓



最新の記事等のトップへ戻られるときはこちら


ここ最近、原発の復旧が遅れている影響もあり、放射能汚染の風評被害が広がっているようです。

食べ物だけでなく、工業製品にも。

なんでもありですね。海外に輸出しようにも放射能が・・・ということでモノが売れない状態のようです。


また、国内に目を向けると、被災者のことを考えるといろんなイベント等自粛しようという考えもあるようです。イベントが行われなければ消費行動がその分おこらないわけで、またまたモノが売れなくなってしまいます。観光地では閑古鳥が鳴いているとか・・・。自粛でいろいろな面で被害が出てきているようです。


海外、国内ともにモノが売れない、さらに計画停電ということになれば、日本経済はどんなことになるのか。

これでは日本が沈没してしまいます。強い不安と危機感を抱いています。

消費税増税、ということになればまた消費が落ち込みます(その分、モノを買える量や数が減る)から、どう対策をしていいのやら。


とりあえず今は自粛ということをやめ、被災地でないところは「消費」という形で復興支援をしていかないといけないんでしょうね。



ランキングに参加中です。応援して頂けると励みになります。お手数ですが、クリックよろしくお願いいたします。
   ↓



最新の記事等のトップへ戻られるときはこちら


早いものでもう4月。

今日、会社に新入社員も入ってきました。
急に暖かくなってきましたし、春ですね。


話は飛んで、金融関係でも大きな?動きが。

最近、為替が急速に円安へと向かってきました。

アメリカが金利引き上げを行うかも、ということで円を売ってドルを買う動きがあるようです。復興資金が必要である日本は、当分の間、金利引き上げはないでしょうからね。

基本的に輸出国である日本にとっていいことですが、東北に部品工場が多いとのことで、パーツがなくて製品が作れない企業が出てきているようです。せっかく輸出で稼ぎ、日本復興への足がかりにできるのに。うまくいかないですね。

とにかく復興には大きな予算がつく=大きな財源が必要です。
復興に向かう途中で日本の借金がかさみ、借金がまかなえなくなって、円の価値が大暴落してインフレがおこったりなどしないことを願います。


※ここで言われるひとつが、郵政の預け入れ限度額の上限アップ。郵貯マネーで多くの国債を買っているからです。上限を上げれば国債を買う余裕が出てくるので、当面は日本の破綻が防げます。民業圧迫だ!ということでうまくいかないようですけどね。



ランキングに参加中です。応援して頂けると励みになります。お手数ですが、クリックよろしくお願いいたします。
   ↓



最新の記事等のトップへ戻られるときはこちら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。