まさにジェットコースター。

出会い系釣り上げ、大量メルマガなどの悪徳サイト情報を発信しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(記録に残しておきます。)


5月7日(金)の日本時間の午前中の夜、アメリカのダウ平均が一気に値を下げ、一時10,000ドルを割り込みました。

誤発注があったようで、一時、一気に前日終値に対して1,000ドル位下がり、また一気に戻りました。

また、為替が一時1ドル88円までになったようです。一気に4円以上の円高です。こちらもすぐに戻ったようですが。


ギリシャに端を発した財政問題は、スペインやポルトガルなど、他のEU諸国に波及しそうです。


4月上旬まで、順調に世界の株価が回復してきたのですが、4月に入って少し値を下げ調整に入りました。

ですが、ギリシャ問題がある程度不安が消えそうということで、5月からは株価ももう一段上げると思ったのですが・・・。


逆に世界の株価が一気に下がっていって、現在も下げている状況です。特にヨーロッパはひどいです。

なお、日経もかなり下げてきています。


これが世に叫ばれている「二番底」到来っていう奴なんですかねぇ。

この不安な状況は、他の国に波及していくので長引きそうです・・・。



さて、先日記事にしたのですが、調子にのって毎月分配型の投資信託を買ってしまいました。

通常の投信の場合、すぐに解約して、すぐに逃げることができません。解除の注文を出して数日後に約定というものが多いからです。

(知っている限りでは、楽天の「トリプルブル」と「トリプルベア」は基本的に注文を出した日に約定しますので、すぐに逃げられます。)

ということで当面放置になっちゃいました。いわゆる「塩漬け」ですね。一応、毎月分配型で毎月再投資としているので、毎月分配金が出る(?)たびにナンピン買いで平均取得価格を下げていく感じになりそうです。早く騰がらないかなぁ・・・。

(個人的に、強引に良い方に考えた場合、仕込むチャンスなのかなとも思います。投資信託でも株でも分配金や配当金が出ると、その分投信や株価が下がります。例えば5,000円の株を持っているとして、1株あたりの配当金が70円出ると、70円もらえて得した気分になりますが、株価は(その他変動しなかったとすると)その70円分下がって4,930円になります。また、その70円に対して20%の税金がかかります(2011年までは10%。)。

ですから配当金が出ると実は損なのかもしれません。しかし5,000円の株価だったものが200円下がり、さらに70円の配当金が出ると(その他を考慮しなければ)4,730円となりマイナスになります。この場合20%の税金はかかりません。利益が出ていないからです(先ほども実際は利益は出ていませんが)。ということで、通常は配当金や分配金で再投資すると、20%引かれた80%のみ再投資にまわるわけですが、マイナスである場合は100%が再投資にまわりますので、20%分多く、株数や投信の口数を増やすことができます。・・気休めですね。)



ちなみに今買えば、多少のリバウンドが期待できそうなんですけどね。みんなが不安に陥っているときに買うとプラスが出せるものですから。(個人的には日経、ダウともに1万は割れないでほしいです。)


とにかくこの危機的な状況から脱出してくれ~~!!



ランキングに参加中です。応援して頂けると励みになります。お手数ですが、クリックよろしくお願いいたします。
   ↓



最新の記事等のトップへ戻られるときはこちら


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。