就職、超氷河期・・。

出会い系釣り上げ、大量メルマガなどの悪徳サイト情報を発信しています。
本日もつぶやきを。

ここのところテレビでいろいろやっていますが、就職がなかなか決まらない学生さんが多いようです。

就職が決まらないため留年したり、それ専用の専門学校に行ったりなどという方もいらっしゃるようですね。


私も就職氷河期世代ですから多少なりとも気持ちは分かります。

就職活動って、かなりしんどいです。自分を否定されますしね。作った自分を演じないといけませんし。かなり苦痛です。

ですが、自分の人生ですから後悔したくないため、どうしても有名企業に入りたいと思うし、また、安定して給与をもらいたいし、倒産リスクも避けたいです(それと、どこに勤めてるの?って聞かれたら、胸を張って会社名を言いたいものですしね)。

はたから見ると、何でもいいから就職してしまえば、なんて言う人もいますが、後悔したくないために頑張ってしまうものです。

中小企業は求人があるのに、大企業はみなが殺到するためパイが少ないというこれまたミスマッチが起こっています。うまくいかないですね。


・・ということなんですが、当然私も学生から就職活動をして何とか仕事にありつきましたし、転職も経験しています。

私の経験でいけば、転職でもそれなりにいいところってあったりするんですよね(私の場合、それなりに知られている会社の求人が偶然に出ていたのでそれを受けたら受かってしまいました)。

また、過去、私の周りをみてみると、その多くが実際に社会に出て数年働いたときに、本当にやりたいことが見つかっているようです。働きつつ勉強して、就職して1年後に公務員になった人もいますし、やりたい仕事に転職していった人も結構見てきました。

学生の時期って、本当にやりたいこと、自分に向いていることって分からないことが多いです。みんなが就職活動をするから自分もあせるし、しょうがなくするっていう人、多いと思います。


もし学生さんで就職活動で苦労している方がいらっしゃれば、悪い言い方ですが、上記に記載した人と同じ意見で、とりあえず中小企業でも、自分が見つけた業種で良さそうな会社に就職して働き(親に食べさせてもらわない状態に持ち込む)、経験を積みつつ自分が本当にやりたい事を見つけてからでもいいんじゃないかな?って思うんですよね。

一部上場の大企業に入っても、ここ数年で数千人単位の大リストラを何度も見ています。大企業だからといって安心できる世の中ではないようです。

30歳まではそれなりに求人はあります。それまでは自分が本当にやりたいことを探す期間と考えて、実際に社会に出て、実際に世間というものを知ってからでも人生、遅くないよと思う今日この頃です。


※くどいですが、あくまで(社会に出て転職も経験した人の)一個人の考えです。



ランキングに参加中です。応援して頂けると励みになります。お手数ですが、クリックよろしくお願いいたします。
   ↓



最新の記事等のトップへ戻られるときはこちら


コメント
この記事へのコメント
まずは仕事をしっかりやりきること
どんな仕事(といってもやばいこと以外)でも
まずは継続でしょうね。
続けることで、自分や自分を取り巻く環境にも目が向きますし。
なにより、いろんな経験の積み重ねが、チカラになっていくと思います。
そして振り返ってみて、別のことにチャレンジできると思えば、
転職も一つの道ですね。

ここからは興味の話になるんですが、東洋史観では、
転職に向く人、向かない人が分かるんです。
森羅万象を木/火/土/金/水に分類しているんですが、
当然人間もその対象で、水の分類になる方は、もう変幻自在。
逆に木/土の分類の人は、誰かに植え替えてもらう様なイメージ
でないと、NGなんだそうです。

ほかにもいろいろ生年月日から分析できるんですが、
分かりやすい本がありますよ。
http://www.birthday-energy.co.jp/
運命シリーズ(今年は運命2011)という電子本。
今時の人に分かりやすい様に書いてあるので、おすすめです。
2011/03/13(日) 23:56 | URL | ひさ #DvI991tw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する