日経平均、乱高下。

出会い系釣り上げ、大量メルマガなどの悪徳サイト情報を発信しています。
原発の不安の影響から、2011年3月15日の日経平均株価は、なんと1,015円34銭も下がってしまいました。

その前日の3月14日は633円44銭の下落ですから、2日間で1,600円以上も下落したことになります。

3月16日は反発して488.57円上がりましたが、ようやく3分の1を戻した計算です。

個人的に、当分9,500円以下で推移するのだろうと思っています。


さて、震災後の救出活動や支援が進む中、別の視点で不安なのが企業の倒産の連鎖です。

約1年半前、当時の亀井大臣が金融機関に借金の支払いを猶予させるというモラトリアム法案が成立し施行されましたが、それの期限がこの3月に切れるようです。

今回の震災により、各所でいろんなイベントや活動を控える動きがでています。当然、これらによってお金が使われなくなることから景気に影響がでてきます。

みんなの義援金等も加わって復興などの支出が起こるわけですが、娯楽や趣味などの積極的な消費ではないのでたかが知れていると思います。

株価の下落により企業や個人の資産が減ってしまった以上、一層、税収減や支出の減少でさらに景気に悪影響が出るでしょう。

また、原油先物相場は下落しているようですが、なにせ日本国内では石油が足りないため、どんどんガソリン等が値上がりしていっています。


とりあえず個人的には募金をしつつ支援等をして、復興が早くなされていくのを願っていくしかないのですが、日本の破綻に備えていろいろ対策を考えていかないといけないと思っています。




ランキングに参加中です。応援して頂けると励みになります。お手数ですが、クリックよろしくお願いいたします。
   ↓



最新の記事等のトップへ戻られるときはこちら


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する