世紀の茶番劇。

出会い系釣り上げ、大量メルマガなどの悪徳サイト情報を発信しています。
う~ん、よく分かりませんね。

6月2日、内閣不信任案が可決されると思いきや、菅総理があいまいな表現で、目処がたてば後進に譲るようなことを言い、これを一種の退陣表明ととらえることもできたことから雰囲気が一変し、不信任案は否決。

夜遅くに復興の目処についてはあれもこれもある、ということで結局早期の退陣を言っているわけではないと一種のごまかしのようなことを言う。

結局、今回のことで一番うまくいったのが菅総理側で、自民党、公明党や小沢元代表は窮地にたたされた形でしょう。これでもう自民党等に好感を持った人はいないからです。


ということなんですが、テレビを見て、いろんな人のコメントを聞いているとやっぱり情けなく感じますね。政治家がこれでは、と思ってしまいます。被災地で生活しているわけでなく、華やかなところで華やかな生活をしている人が他の(部下のような)政治家たちを仕切っているわけですから、世の中の人のことを理解できないのでしょう。

個人的には政治をあてにしていないので、今は今ある現状の中でベストを尽くすしかないです・・。



ランキングに参加中です。応援して頂けると励みになります。お手数ですが、クリックよろしくお願いいたします。
   ↓



最新の記事等のトップへ戻られるときはこちら


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する