節電と我慢の境。

出会い系釣り上げ、大量メルマガなどの悪徳サイト情報を発信しています。
最近、気温が30度を超える地域が出てきて、急に暑くなってきました。

そうなればクーラーをつけるということになるのでしょうが、「節電」という言葉が重くのしかかる(?)感じで、会社ではいまだにクーラーをつけません。

例年5月にはつけているんですけどね。パソコンやOA機械が多くあるところでは、それらの熱で、外の気温より室内の気温のほうが結構高くなりますし。

一応、被災地域ではないのですが、電気を使うことがはばかられる雰囲気があります。

まわりでもみんな「うちわ」を使っていますが、当然うちわを使えばその分、その手が仕事から離れるわけなので作業効率が下がってしまいます。

また、個人的に汗かきなので、水分を取るとすぐに汗がダラダラ出てきます。ですがのどが渇きますし仕事中にオフィスで熱中症になっても意味がないのでこまめに少しずつ水分を取りますがまた汗が・・。これでは仕事に集中できませんね。電池で動くおもちゃの扇風機でも置いてやろうか、と思ってしまいます。

電力関係についていろんな既得権やそれまでのいきさつがいろいろからみあって、うまく改善方向に持っていくのが難しいようですが、電気のありがたみを感じつつ、この機会にそれまでの既得権など取り去って、大規模な節電をしなくても済むようになってほしいものですね(経済が大きく停滞してしまいます)。



ランキングに参加中です。応援して頂けると励みになります。お手数ですが、クリックよろしくお願いいたします。
   ↓



最新の記事等のトップへ戻られるときはこちら


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する