喫煙で医療費1733億円増加…脳・心臓疾患で

出会い系釣り上げ、大量メルマガなどの悪徳サイト情報を発信しています。
興味ある記事がヤフーのニュースに載っていました。


脳梗塞や心筋梗塞などの医療費が、喫煙によって1733億円増加しているという推計を、厚生労働省研究班(主任研究者=辻一郎東北大教授)がまとめた。

 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)による増加分の1・5倍に上り、研究班は禁煙指導の強化を訴えている。

 研究班は、国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)が1989~2007年に行った吹田市民4285人(40~74歳)の健康調査の結果を分析。様々な病気の発症率と、喫煙の有無との関連を調べた。

 その結果、脳梗塞や脳出血などの「脳血管障害」は、喫煙によって男性は25%、女性は5%増加。また、心筋梗塞や狭心症などの「虚血性心疾患」は、同じく男性は12%、女性は19%増えていた。この増加率から、全国の同じ年齢層の脳血管障害と虚血性心疾患の医療費総額1兆781億円(08年度)のうち、1733億円は喫煙によって余計にかかった分と算出された。


※読売新聞より


たばこを吸うと病気にかかりやすく、そして重篤化しやすくなります。
ですから医療費を圧迫するということが言われていましたが、それが改めて掲載されていました。

たばこの代金の大部分は税金です。

以前の記憶であいまいなのですが、上記のようにたばこを吸う人にかかる医療費は吸わない人に比べて多くかかっており、それはたばこ税として税を徴収した額よりも多くの医療費がかかっているというのを見た記憶があります。ですからたばこは吸わない方がよいに越したことはありません。

※なお、現在健康保険では原則として医療にかかる部分の13%について税金があてられています(一部の給付は除きます)。

当然、受動喫煙もありますから他の人にも間接的に悪影響を及ぼしているわけです。

中には、「たばこで税金をたくさん払っているじゃないか!!」と逆ギレ(?)的に言う人もいますが、上記のようにその払った税金よりも高い医療費がかかっているため、その払った税金よりも多くかかった部分を他の人たち、世の中みんなで負担していることになります。

たばこを吸う、吸わないは人それぞれ自由なのですが、個人的には健康に生活できるのが一番だと思うので、たばこが少しずつでも減っていったらなぁと思ってます。



ランキングに参加中です。応援して頂けると励みになります。お手数ですが、クリックよろしくお願いいたします。
   ↓


最新の記事等のトップへ戻られるときはこちら
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する