円高と円安

出会い系釣り上げ、大量メルマガなどの悪徳サイト情報を発信しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
円高と円安


①「円高」と「円安」とは?

例えば、1ドル=100円をベースに考えてみます。

もし、1ドル=80円だとすると、1ドルを手に入れるのに80円で済みます。
言い換えると円の価値が「高い」です。
ということから「円高」ということになります。

次に、1ドル=120円だとすると、1ドルを手に入れるのに120円を払う必要があります。
先ほどよりも円をたくさん払わないといけないので、円は価値が低いです。
また、言い換えると価値が「安い」ということが言えて、「円安」ということになります。

例えば、アメリカで100ドルで販売している服を輸入しようと思ったら、1ドル=80円のときには8,000円となりますから輸入品が安く手に入ります。もし1ドル=120円ならば12,000円必要ですから輸入品は高くなります。

逆に、日本で10,000円の服をアメリカに輸出したとして、1ドル80円だとすれば、8,000円しか手に入りません。しかし1ドル120円だとすれば12,000円が手に入ります。

ということから、輸出する場合は円高が不利で円安が有利
輸入する場合は円安が不利で円高が有利、ということになります。


②「円高」のメリット・デメリット

(メリット)
・輸入品が安くなる
 (物価が安くなることにもつながる)
・ガソリンが安くなる
・海外旅行に安く行ける

(デメリット)
・輸出企業はもうからない
 (海外に工場を建設したりするため、日本人の雇用が減ることにもつながる)
・上記の例では海外旅行者からすると1ドルで8,000円のものしか手に入らないので、外国人観光客が少なくなる。
・物価が上がりにくいため、デフレになる危険性がある。


③円安のメリット・デメリット

(メリット)
・輸出企業はもうかる
 (海外で物を生産するよりも日本で生産するほうが儲かるので日本で雇用が増える)
・株価が上がる
 (日本は輸出企業が多く、それらの株価が上がるため)
・外貨建て預金がもうかる
 (100万円の預金が120万円の価値になったり)
・外国からの旅行者が増えて、日本の物が売れる

(デメリット)
・輸入品が高くなる
 (物価が上がりやすくなる)
・ガソリンが高くなる
 (ガソリン価格は原油の取引価格で決まります。
  現在原油価格がかなり下がっているため、円安でもガソリンが安くなっています)
・日本から海外旅行に行く場合は不利
 (1ドル120円なら、12,000円を払わないと100ドルのものが買えません)



円安だと、株を買ったり外貨預金をする人は資産を増やせるので有利にはなります。

長期的にみれば、円安の方が海外旅行者が増えて日本国内で物が売れるため、税収が増えます。税収が増えれば国の借金も減ることにもつながります。

日本は資源がないため製品の輸出と観光でお金を得ることになろうかと思います。ですから日本国内にある会社がもうかって、雇用も増えて、その出入りする業者も儲かって、ということにつながりやすくなります。

円安の方が日本国内でお金が増えますからよいのでしょうが、年金生活者など収入が少ない人から見ると、生活用品の価格が上がるだけと感じるだけで、メリットは感じないということになるでしょうね。
(どちらがよいということは、その人の置かれている環境次第なので分かりません。)


ランキングに参加中です。応援して頂けると励みになります。お手数ですが、クリックよろしくお願いいたします。
   ↓



最新の記事等のトップへ戻られるときはこちら

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。