迷惑メールに懲役刑。

出会い系釣り上げ、大量メルマガなどの悪徳サイト情報を発信しています。
ヤフーを眺めていたら、こんな記事が出ていました。


「迷惑メール、広告主に懲役刑や罰金を新設…特商法改正案」


経済産業省は迷惑メールの広告主に対して、懲役刑や罰金などの刑事罰を新設する。

 最大で懲役1年、罰金200万円を科すことが柱で、経産省は3月上旬に特定商取引法(特商法)の改正案を通常国会に提出して、年内の施行を目指す。

 総務省の特定電子メール送信適正化法の改正案はメール送信業者に対する罰金の上限を3000万円に引き上げることを決めている。メールを実際に送信した業者だけでなく、広告主に対しても罰則の網を広げることで、迷惑メール対策を強化する効果が期待できる。

 改正案は、同意を得ていない送り先への広告・宣伝メールの送信を、原則として禁じる。また、広告主には同意を得たことを示す記録を作成、保存することを義務づける。また、広告主を摘発しやすくするため、金融機関などの取引先に対して、広告主の業務や財産に関する資料の提出を命令できることも盛り込んだ。これら資料の提出を拒否した場合にも罰金を科す。

 現行法では「未承諾広告※」と表示すれば、広告メールを送ることができた。経産省の調べでは、この表示義務に従っているメールは1%未満で、規制が骨抜きとなっていた。迷惑メールは消費者からの申し立てがあったものだけで、毎月8~10万件に達しており、対策の抜本的強化が求められていた。

 ただ、違法な迷惑メールの広告主を特定するには膨大な作業が必要だ。人手が限られている中で、法律の施行による迷惑メールの抑止効果がどこまであるか疑問視する声もある。



個人的に、この文章の中で気になったのが、

「広告主を摘発しやすくするため、金融機関などの取引先に対して、広告主の業務や財産に関する資料の提出を命令できることも盛り込んだ。これら資料の提出を拒否した場合にも罰金を科す。」

というところで「命令できる」という点ですかね。普通なかなか踏み込めないところでしょうが、「命令できる」と条文に記載すれば、金融機関などの取引先も情報開示しないといけません(また、開示を拒否すれば、その金融機関の信用問題につながります。)から悪徳業者の摘発が進みやすくなるでしょうね。

ただ、こういったことをする業者はたくさんありますし、業者もいろいろ対策を講じますからなかなか大変です。いたちごっこでゼロにはなかなかできないでしょうね。でも何件か摘発してそれをニュースに流せば抑止力になると思いますので、法律が施行され、多少なりとも成果を期待したいです。

個人的には、あえてもう少し刑を重くして、抑止力アップができないものかなと思います。
(他の法律との兼ね合いでこのレベルになるんだろうなというのは分かるんですけどね。)



ランキングに参加中です。応援して頂けると励みになります。お手数ですが、クリックよろしくお願いいたします。
   ↓



最新の記事等のトップへ戻られるときはこちら


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する