被保険者資格喪失の時期(国民年金法)

出会い系釣り上げ、大量メルマガなどの悪徳サイト情報を発信しています。
国民年金法


被保険者の資格喪失のタイミングについて

※被保険者の種類についてはこちら → こちら


1.強制被保険者の場合

(1).第1号被保険者

① 死亡したとき(翌日に喪失)

当然、死亡すれば、被保険者の資格を喪失します。


② 日本国内に住所を有しなくなったとき(翌日に喪失)

第1号被保険者は、「日本国内に住所がある」ことが要件だからです。


③60歳になったとき(60歳の誕生日の前日)

第1号被保険者は、20歳以上60歳未満という要件があるからです。


(2).第2号被保険者

① 死亡したとき(翌日に喪失)

当然、被保険者の資格を喪失します。


② 厚生年金保険などの被保険者でなくなったとき(その日に喪失)

例えばサラリーマンが厚生年金保険に加入していて、退職すると、第2号被保険者の資格を喪失します。

ちなみに、サラリーマンが退職して厚生年金保険の被保険者でなくなったときは、その日の翌日に資格を喪失します。ですから例えば7月20日付けで退職すれば、7月21日に厚生年金保険、国民年金ともに被保険者の資格を喪失します。


(3).第3号被保険者

① 死亡したとき(翌日に喪失)

こちらも当然、死亡すれば被保険者の資格を喪失します。


② 被扶養配偶者でなくなった日(翌日に喪失)

・例えば離婚した場合は、その日の翌日に第3号被保険者から外れます。通常、同時に第1号被保険者になります。

・年収が130万円未満というのが第3号被保険者の要件なので、「将来に向かって」年収ベースで130万円を超えるようなパートを始めると、第3号被保険者から外れます。(正直判定が難しいです・・。)



2.任意加入被保険者の場合

(1).任意加入被保険者

① 資格喪失の申し出が受理された日(その日)

年金事務所等で手続きをすればいつでもやめることができ、その日に資格を喪失します。

第1号被保険者と同額の保険料を支払う必要があるので、支払いが苦しくなったらいったん任意加入をやめるのも手でしょう。


② 死亡した日の翌日


③ 65歳に達した日(誕生日の前日)

通常の任意加入被保険者は、最長65歳前までしか任意加入できないので、65歳になると任意加入日保険者の資格を喪失します。

※一応、昭和40年4月1日以前生まれの方で、老齢基礎年金等の老齢給付を受けられない方は最大70歳前まで任意加入できる制度はあります。その場合は引き続き任意加入をすることができます。


④ 強制加入被保険者になったとき(その日)

例えば62歳で任意加入被保険者になっている人が、厚生年金保険の被保険者として就職すると、第2号被保険者になり、任意加入被保険者から外れます。


⑤ その他

その他いくつかありますが、省略します。




(その他)


① 上記資格喪失の時期が問題になるのは、被保険者の資格の取得の場合と同様、保険料の納付についてです。

例えばサラリーマンが退職する場合、7月20日に退職する場合と7月31日に退職する場合を考えてみます。(その後、第1号被保険者になったとします。)

なお、別のところで触れますが、保険料の納付は「資格を喪失した日の属する月の前月まで」となっています。(難しい表現をしていますが・・。)

例えば7月20日に退職すると7月21日に第2号被保険者の資格を喪失します。

保険料の納付について、7月21日(資格を喪失した日)がある月の前月(6月)までは厚生年金保険の被保険者として第2号被保険者の保険料を納め、7月分から国民年金の第1号被保険者としての保険料を納めることになります。

次に7月31日に退職すると8月1日に第2号被保険者の資格を喪失します。

保険料の納付について、8月1日(資格を喪失した日)がある月の前月(7月)までは厚生年金保険の被保険者として第2号被保険者の保険料を納め、8月分から国民年金の第1号被保険者としての保険料を納めることになります。

ということで、月末に退職する場合と、月の途中で退職する場合とでは、1ヶ月分、厚生年金保険の保険料を掛けることができるかどうかで変わってきます。

個人的には、退職後第1号被保険者になる場合には月末退職になるようにした方が良いと思っています。将来の年金額が、厚生年金保険の1ヶ月分、多くなるからです。

なお、OLから専業主婦になる方は、例えば7月20日に退職すると7月分の保険料から無料になります。(第3号被保険者は現在保険料が無料。)

月末まで勤めると、1ヶ月分厚生年金保険料を掛けることができるのですが、その辺どちらが得かは個人の考えによるでしょう。




↓記事一覧に戻るときはこちらをクリック

(国民年金編の一覧に戻る)



※内容の質問等には応じていません。ご了承ください。

ランキングに参加中です。応援して頂けると励みになります。お手数ですが、クリックよろしくお願いいたします。
   ↓



最新の記事等のトップへ戻られるときはこちら