併給(へいきゅう)の調整

出会い系釣り上げ、大量メルマガなどの悪徳サイト情報を発信しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国民年金


年金を受ける権利が複数あるときは


1.原則

(1).1人1年金の原則

複数の年金を受ける権利を持っている人がいる場合、その人はその複数の年金を全て同時に受けられるわけではなく、原則として片方を選択し、片方のみ受けられます。これが1人1年金の原則です。

例えば障害者で障害基礎年金を受けている人が、65歳になって老齢基礎年金を受ける権利が発生しても、片方のみを選択し、片方のみ受けられます。このとき、障害基礎年金を選択したとすれば老齢基礎年金は受けられません



2.例外

年金は1人1年金が原則なのですが、同時に受けられる場合もあります。


(1).国民年金内

老齢基礎年金と付加年金は一緒に受けられます。
(付加年金は老齢基礎年金の上乗せだからです。)


※付加年金についてはこちら → 付加年金へ


(2).支給原因が同じもの

例えばサラリーマンの人であれば、通常厚生年金保険の年金が支給されますが、国民年金の年金給付と、厚生年金保険の年金給付(公務員の場合は共済年金)は支給原因が同じならば同時に受けられます。

なお、国民年金や厚生年金保険、共済年金では「老齢」「障害」「死亡」の3つが支給原因になっています。


(老齢) 老齢基礎年金+老齢厚生年金(または退職共済年金)
(障害) 障害基礎年金+障害厚生年金(または障害共済年金)
(死亡) 遺族基礎年金+遺族厚生年金(または遺族共済年金)



※公務員の場合の「老齢」の年金は、「退職共済年金」と呼んでいます。障害や遺族給付も同様です。


(3).支給原因が違うもの

例外的に、支給原因が違う場合でも一緒に受けられる組み合わせもあります。


① 老齢基礎年金+遺族厚生年金(又は遺族共済年金)
② 障害基礎年金+老齢厚生年金(又は退職共済年金)
③ 障害基礎年金+遺族厚生年金(又は遺族共済年金)




基本的に上記いずれかのうち、一番高い金額を受けることになります。



↓記事一覧に戻るときはこちらをクリック

(国民年金編の一覧に戻る)



※内容の質問等には応じていません。ご了承ください。

ランキングに参加中です。応援して頂けると励みになります。お手数ですが、クリックよろしくお願いいたします。
   ↓



最新の記事等のトップへ戻られるときはこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。