振替加算

出会い系釣り上げ、大量メルマガなどの悪徳サイト情報を発信しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国民年金


振替加算とは?


1.振替加算の趣旨

国民年金は昭和61年4月に大改正されました。それまで(旧法)は「夫婦一年金」という考え方で、夫がサラリーマンで妻が専業主婦というものを基本形とし、その2人で一つの年金という考え方でした。

夫がサラリーマンの場合には老齢厚生年金が支給されますが、その夫の受ける老齢厚生年金に「加給年金額」という名目で妻の年金分を加算して支給するようにしていました。

夫婦で1年金という考えなので、妻には国民年金に加入する義務がなく、任意で加入するというものでした。

しかしこの場合、離婚してしまうと妻の年金は保険料を通常支払っていないため、とても少ないものでした。そこで妻の年金が少ないことを救済するため、妻が受ける年金を増やそうと考えました。

上記にあります妻の年金分である「加給年金額」を、夫の老齢厚生年金に加算されているところから切り離し、妻の老齢基礎年金に加算することにしました。これが「振替加算」です。(振替=移し変える)

ちなみに、一度「振替加算」が起こると「加給年金額だったもの」は一生妻のものとなるため、例え離婚しても「振替加算」がなくなることはありません。



2.振替加算の要件

(1).上記の例で妻の要件

次の①~③の全てを満たしたときに、夫の「加給年金額」が妻に「振替加算」として移ります。(以下、法律の条文をかなり崩して書いています。)

① 大正15年4月2日から昭和41年4月1日までの間に生まれたこと

昭和61年4月1日時点で20歳以上(昭和41年4月2日移以降生まれ)の人は現在男女を問わず強制加入のため、十分な年金が出るので振替加算の対象になりません。(上記のように以前サラリーマンの妻は原則任意加入でした。)


② 妻が65歳になったときに、夫によって養われていたこと

といっても、夫と生計を同じくし、年収が850万円(所得だと655万5,000円)未満の人です。(夫より収入が高くてもかまいません。)


③ 65歳になった日の前日までに、この妻のものとしての加給年金額が支給されていたこと

「振替加算」は「加給年金額」が変化するものなので、言い換えると「加給年金額」が出ないと支給されません。



(2).上記の例で夫の要件

次のどちからを満たすと「加給年金額」が支給されるため、「振替加算」が起こります。

① 原則として240ヶ月以上の老齢厚生年金又は(公務員の場合の)退職共済年金が支給されていること

原則として夫が20年以上厚生年金保険の被保険者として働くと、夫の老齢厚生年金に加給年金額が加算されます。


② 障害等級1級又は2級の障害厚生年金又は障害共済年金が支給されていること

夫が重度障害者になり、重度の障害厚生年金等が支給される場合、加給年金額が加算されます。



※ここまで度々出ていますが、厚生年金保険でいう「加給年金額」とは、原則として上記(2)の要件を満たし、妻の年収が850万円未満であるなどの要件を満たすと、原則として夫が65歳以降に受ける老齢厚生年金に、年額で定額の227,000円が加算されるというものです。



3.振替加算の時期

① 夫が妻より年上の場合

この場合、原則として妻が65歳になった月の翌月分の老齢基礎年金の支給分から加算が行われます。ですから、通常の場合妻が65歳になって老齢基礎年金が支給されると同時に振替加算がおこります。(この場合、妻が65歳になったとき、夫が65歳以上なので加給年金額がすでに加算されており、それが振替加算にすり替わります。)

※結局振替加算がおこるのは、妻が老齢基礎年金が支給されるようになり、かつ、夫の老齢厚生年金に加給年金額が加算されるようになったときという2つの要件を満たしたときということになります


② 夫が妻より年下の場合

もし、夫に65歳から老齢厚生年金が支給されてその老齢厚生年金に加給年金額がつくようになるとして、妻が7歳年上だとします。このとき妻が65歳になって老齢基礎年金が支給されても振替加算はおこりません。なぜなら夫が58歳で老齢厚生年金が支給されておらず、加給年金額がまだないからです。ですが夫が65歳になって老齢厚生年金が支給されて加給年金額がつくようになったとき、言い換えると妻が72歳のときに夫の老齢厚生年金に加給年金額が加算され始めると同時に、加給年金額は振替加算として妻の老齢基礎年金に移ります。



4.振替加算が支給停止になるとき

以下の場合、妻に十分な年金が出ているとして、その期間振替加算が支給停止されます。

① 妻自身も、原則として20年以上の老齢厚生年金を受けられるようになったとき

※法律上では支給停止といっていますが、事実上の権利消滅です。20年働いた事実は消えないからです。


② 妻自身が、障害基礎年金、障害厚生年金、障害共済年金を受けられるとき



5.振替加算の額

妻の生年月日に応じて決まっており、1年あたり227,000円~15,200円となっています。


妻の年齢が大正15年4月2日に近づけば近づくほど227,000円に近づき、昭和41年4月1日に近づけば近づくほど15,200円に近づくような金額設定がされています。

→ 振替加算の額の一覧表へ(日本年金機構HPへ)



↓記事一覧に戻るときはこちらをクリック

(国民年金編の一覧に戻る)




※内容の質問等には応じていません。ご了承ください。

ランキングに参加中です。応援して頂けると励みになります。お手数ですが、クリックよろしくお願いいたします。
   ↓



最新の記事等のトップへ戻られるときはこちら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。