障害基礎年金の支給要件(原則)

出会い系釣り上げ、大量メルマガなどの悪徳サイト情報を発信しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国民年金


障害基礎年金が支給されるには(原則)


障害基礎年金は、原則として次の3つの要件を全て満たした場合に支給されます。

1.初診日要件

ここでいう「初診日」とは、障害の原因となった病気や怪我(以下、傷病といいます。)について、初めて医師や歯科医師の診療を受けた日をいいます。この初診日に、以下の①か②のどちらかに該当している必要があります。


① 国民年金の被保険者であること

② 国民年金の被保険者であった者であって、日本国内に住所があり、かつ、60歳以上65歳未満であること



ですから、通常20歳になれば国民年金に加入しますから、それ以降で事故にあった場合ということになります。また、国民年金の被保険者は通常60歳で外れますが、日本国内に住んでいれば、たとえ62歳の時に事故にあっても初診日要件は満たします。(第1号被保険者や第3号被保険者)

上記でいくと原則として20歳から64歳までの間に傷病にかかったときということになりますが、サラリーマンや公務員等の第2号被保険者の場合は、年齢要件が基本的にないため、例えば18歳で厚生年金保険の被保険者として働いている人が事故にあった場合でも初診日要件は満たします。


※被保険者の種類についてはこちら → 被保険者の種類



2.障害認定日要件

障害認定日」とは、次の①又は②のいずれかをいいます。


① 初診日から起算して1年6ヶ月を経過した日

② 1年6ヶ月以内にその傷病が治った日



結局上記のいずれか早い日ということになります。なお、ここで治った日とは、その症状が固定して、もうこれ以上治療の効果が期待できない状態になったときを含みます。

この時点で、国民年金でいう重度障害に該当していれば、障害基礎年金が支給されます。



3.保険料納付要件

初診日の前日の時点での保険料納付状況で判定をします。

初診日の前日の時点で、初診日のある月の前々月までに被保険者期間があるときは、その被保険者期間のうち保険料納付済期間と保険料免除期間を合算した期間が3分の2以上あることが必要です。

ざっくり言うと、原則として20歳になったら国民年金に加入しますが、それから事故にあうまでの間に、保険料をしっかり(3分の2以上)納めている必要があるということになります。言い換えると滞納が少ないことということもいえます。

なお、例えば20歳になりたてのときに事故にあったような、初診日のある月の前々月までに被保険者期間がないときは保険料納付要件は問われません。


ですから極端な例で言えば(例が悪かったら申し訳ないです。)、例えば学生で20歳になったが、国民年金の保険料を納めないといけないところ、「将来年金なんてもらえないだろう」と言って保険料を納めずにきて半年後に事故にあって障害者になったとしても、一生障害基礎年金はもらえません。

(国民年金には障害の年金もあるので、いつ悪いことにこういったことにあってしまうことも考えられるので保険料は滞納しないようにする必要があります。保険料が払えないときは免除申請をしましょう。)


※なお、特例として初診日が平成28年3月31日までであれば、初診日のある月の前々月までの1年間で滞納した期間がなければ保険料納付要件を満たすこととしています。(結局最近1年間、保険料を滞納していなければ大丈夫ということになります。ただし、この特例は初診日のときに65歳未満の人に限られます。)



(まとめ)

ということで上記をまとめると、保険料をしっかり納めている国民年金の被保険者や被保険者だった人が、事故や病気にかかって治療を行った結果、症状が固定したとき(ずっと入院しているなど治っていない場合は1年6ヶ月後)の傷病の程度を判定し、病状や障害の程度が重い場合、支給申請手続きをすれば障害基礎年金が支給されるということになります。





↓記事一覧に戻るときはこちらをクリック

(国民年金編の一覧に戻る)




※内容の質問等には応じていません。ご了承ください。

ランキングに参加中です。応援して頂けると励みになります。お手数ですが、クリックよろしくお願いいたします。
   ↓



最新の記事等のトップへ戻られるときはこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。