後で障害が重くなったら

出会い系釣り上げ、大量メルマガなどの悪徳サイト情報を発信しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国民年金


1.障害が後で重くなった場合①

(障害認定日に症状が軽いと判定され、障害基礎年金の支給を受けられなかった人の場合)


(1).事後重症制度

① 事後重症制度について

原則の障害基礎年金は、①初診日要件、②障害認定日要件、③保険料納付要件の3つの全てを満たしたときに支給されます。ということで原則の障害基礎年金は、「保険料をしっかり納めている人が事故や病気にかかり、障害の程度を判定するときに障害の程度が重ければ支給される」ということになります。

※原則の障害基礎年金の支給要件についてはこちら → 原則の要件


言い換えると、障害の程度を判定するときに障害が重くなければ障害基礎年金は支給されません。

ですが、最初は障害の程度が軽かったと判定され、障害基礎年金の支給を受けられなかった人が、その傷病が後で悪化した場合、障害が重くなったということを申請(請求)し、重度であると認められれば、障害基礎年金が支給されます。これが「事後重症」制度です。


② 請求が必要

当然、国は障害の程度が重くなったことなど分かりません。重くなったことを知らせる必要があります。なお、請求する期限が決まっており、老齢基礎年金が支給されるようになる65歳になる日の前日(65歳の誕生日の前々日)までに申請しなければならないことになっています

申請し、重度(国民年金の障害等級の1、2級程度)の障害と判定されれば、請求があった月の翌月分から障害基礎年金が支給されます。請求があった月の翌月分からの支給なので、申請は早いに越したことはないです


※精神障害といったなかなか治りにくい病気については、徐々に悪化するという場合もあります。以前より悪くなったと思われるときは医師と相談して障害基礎年金を請求してみましょう。(当然、病状が重いことを証明するために医師に診断書を書いてもらう必要があります。)



2.障害が後で重くなった場合②

(障害基礎年金を受けている人が、障害の程度が重くなった場合)


(1).年金額の改定

障害基礎年金の障害等級2級の年金を受けている人が、症状が重くなって1級の程度であると思われる場合、その障害等級1級になったため額を増額してほしいということを請求すれば、障害基礎年金1級の年金が出ることがあります。

この場合、請求があった月の翌月分から、障害基礎年金の額の改定が行われます。こちらも重くなったと思ったときは早めの申請が必要でしょう。


※国民年金の障害基礎年金の障害の程度には「1級」と「2級」の2段階があり、1級の方が症状が重く、年金額が多いです。




↓記事一覧に戻るときはこちらをクリック

(国民年金編の一覧に戻る)




※内容の質問等には応じていません。ご了承ください。

ランキングに参加中です。応援して頂けると励みになります。お手数ですが、クリックよろしくお願いいたします。
   ↓



最新の記事等のトップへ戻られるときはこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。