学生のときに事故にあったら

出会い系釣り上げ、大量メルマガなどの悪徳サイト情報を発信しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国民年金


20歳前の傷病による障害基礎年金


1.学生のときに障害を負ったとき


(1).はじめに

原則の障害基礎年金は、初診日のときに国民年金の被保険者である必要があります。しかし例えば中学生のときに事故にあって悪いことに障害が残ってしまったとします。この場合、初診日に国民年金の被保険者ではないので障害基礎年金は支給されないはずです。

しかしこれではたまたま初診日に国民年金の被保険者でなかったために一生障害基礎年金がもらえないのはかわいそうということで、この場合でも障害基礎年金を支給することにしました。これが「20歳前の傷病による障害に基づく障害基礎年金」です。

なお、この場合初診日に被保険者にはなっていないため、国民年金の保険料を納めていないのですが、障害基礎年金は支給されます。言いかえると「保険料納付要件」も問われません。


※原則の障害基礎年金の支給要件についてはこちら → 原則の要件



(2).通常の場合

初診日において20歳未満であった人が、20歳になった日において国民年金でいう障害等級の1級又は2級に該当しているときは、障害基礎年金を支給します。

例えば中学生のときに事故にあって障害をもってしまった場合、すぐには障害基礎年金は支給されませんが、20歳になったときに重度の障害があると認められれば「20歳前の傷病による障害基礎年金」が支給されます。


なお、例えば大学生で、19歳のときに事故にあい、20歳を過ぎて障害認定日を迎えて障害等級の1級又は2級と判定された場合、障害認定日のある月の翌月分から障害基礎年金が支給されます。


※ちなみに、高校を卒業し、例えば厚生年金保険の被保険者として働いている(=国民年金の第2号被保険者)人が、20歳前に事故にあって障害者となった場合、このケースでは初診日に国民年金の被保険者であり、かつ、保険料も納めているため、「20歳前の傷病による障害基礎年金」ではなく、「原則の障害基礎年金」が支給されます。



(3).事後重症

例えば高校生のときに障害になってしまったのですが、20歳のときに国民年金の障害等級1級又は2級に該当しないときは、障害基礎年金は支給されません。

しかし、その後徐々に障害が悪化して、国民年金の障害等級の1級又は2級に該当したときは「20歳前の傷病による障害基礎年金」が支給されます。(ただし、65歳になる日の前日までに障害等級1級又は2級に該当し、かつ、請求をする必要があります。)





↓記事一覧に戻るときはこちらをクリック

(国民年金編の一覧に戻る)




※内容の質問等には応じていません。ご了承ください。

ランキングに参加中です。応援して頂けると励みになります。お手数ですが、クリックよろしくお願いいたします。
   ↓



最新の記事等のトップへ戻られるときはこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。