障害基礎年金の額っていくら?

出会い系釣り上げ、大量メルマガなどの悪徳サイト情報を発信しています。
国民年金


障害基礎年金の額はいくら?


1.障害基礎年金の額

障害基礎年金の額は、障害の程度に応じて次の額です。なお、保険料を納めた期間や滞納等に関係なく、定額となっています。

国民年金の場合、障害の程度は重い方から1級と2級があります。


(1).障害等級1級の人


 986,100円


障害等級2級の1.25倍の額です。12等分すると1ヶ月あたり82,175円となります。
これが偶数月に、2ヶ月分が支給されます。障害の程度が変動しなければ、一生受けられます。(障害等級2級も同様。)


(2).障害等級2級の人


 788,900円


老齢基礎年金の満額の額です。12等分すると1ヶ月あたり65,741円となります。



2.子供がいると年金額が増える場合がある

(1).子の加算の要件

障害基礎年金には、「子の加算」があります。

例えば父親が障害基礎年金の受給権を取得したときに、その父親に以下の子供がいた場合に、障害基礎年金に「子の加算」がつきます。

① 18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある子

おおまかに言って、通常高校生までの子がいれば加算されます。
なお、子が高校を卒業すれば働けるので加算がなくなります。


② 20歳未満であり、かつ、障害等級の1級又は2級に該当する障害の状態にある子

例え高校を卒業していても、その子が障害等級1級又は2級程度の障害者(以下、重度障害者といいます。)なら、子の加算があります。

子が高校を卒業しても、重度障害者の場合はなかなか働くのが難しいので、子供が20歳になるまで父親の障害基礎年金に加算があります。

この子が20歳になれば子供本人に「20歳前の障害に基づく障害基礎年金」が支給されますので、それまで親に加算されることになります。


※なお、「障害基礎年金の受給権を取得した」時点(障害認定日の時点)で判定するので、後で養子縁組をして子供を増やしたり、子供が生まれてもだめです。(言い換えると、障害基礎年金を受けることができるようになる前に養子縁組をしていたときは可。また、子供が生まれた場合については、障害基礎年金の受給権を取得したときに胎児だった子が生まれたときは加算されます。)



(2).子の加算の額

子の加算の額は、以下のようになります。


① 1人目、2人目の子    

 227,000円


② 3人目以降         


 75,600円


例えば、もし障害等級2級の父親に小中学生の子供が2人いたとすれば、

788,900円+227,000円+227,000円=1,247,900円

となり、1ヶ月あたり103,575円となります。



(3).子の加算がなくなるとき

子の加算が加算されている子供が以下に該当した場合、子の加算がなくなり、その翌月分から年金額が減ります。


① 死亡したとき

② 年収で850万以上稼ぐようになったり、別生計になったとき

③ 婚姻したとき

④ 原則として親以外の養子になったとき

⑤ 養子縁組をしていたが、養子縁組を解消したとき

⑥ 18歳に達したあと、初めて迎えた3月31日が終わったとき
   (通常の場合、高校を卒業したとき。ただし重度障害者を除きます。)

⑦ 重度障害者である子が、20歳になったとき



※いったん上記のいずれかに該当すると、もう加算はありません。例えば養子に行って戻ってきても、もう加算はされません。




↓記事一覧に戻るときはこちらをクリック

(国民年金編の一覧に戻る)




※内容の質問等には応じていません。ご了承ください。

ランキングに参加中です。応援して頂けると励みになります。お手数ですが、クリックよろしくお願いいたします。
   ↓



最新の記事等のトップへ戻られるときはこちら