障害基礎年金がもらえなくなるとき

出会い系釣り上げ、大量メルマガなどの悪徳サイト情報を発信しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国民年金


障害基礎年金がもらえなくなるとき

もらえなくなる種類として、完全に権利が消えてしまう「失権」と、一時的に止まってしまう「支給停止」があります。


1.受ける権利が消えるとき

(1).失権

障害基礎年金は、次の場合に失権します。

① 死亡したとき

死亡すれば当然に失権します。


② 65歳以上であり、かつ、厚生年金保険法でいう障害等級1級から3級の程度の障害に該当しなくなって3年を経過しているとき

サラリーマンが加入する厚生年金保険の障害厚生年金は1級から3級まであります。1級と2級は国民年金の障害基礎年金と同程度の障害なのですが、それよりも軽い3級の程度にも該当しなくなり、さらに老齢基礎年金が出る65歳になれば失権します。

言い換えると、65歳までは障害が軽くなっても失権しないので、再び重くなったときには障害基礎年金は支給されるということになります。



2.一時的に支給が止まるとき

(1).全ての障害基礎年金に共通の支給停止

① 国民年金法でいう障害等級1級又は2級の程度の障害に該当しなくなったとき

障害の程度が一時的に軽くなった場合、軽くなっている間年金が止まります。


② その他(省略します。)



(2).20歳前の傷病による障害基礎年金の場合

20歳前の傷病による障害基礎年金は、保険料を納めなくても年金が出る分、さらに規制が入ります。

※20歳前の傷病による障害基礎年金について → 20歳前傷病の年金


① 労災保険法の規定による年金がもらえるとき

仕事中に怪我や病気になった場合、原則として労働者災害補償保険(=略して「労災保険」)から年金や一時金がもらえますが、その年金がもらえる人にはさらに20歳前障害の障害基礎年金は支給しません。


② 刑事施設に入っているとき

障害基礎年金を支給して、生活保障をする必要がないからです。


③ 日本に住所がないとき

これは独特のもので、海外に移住している間は送金してくれません。


④ 収入があり、その額が高いとき

収入に応じて、障害基礎年金の半分又は全部が止まってしまいます。なお、収入については毎年判定し、もし前年の収入が高いと判定されれば、今年の8月から来年の7月まで障害基礎年金が止まります。その繰り返しです。



※改めて記述すると、20歳前の傷病による障害基礎年金以外の障害基礎年金は、例え労災保険の年金が出ても、牢屋に入っても、海外に移住しても、収入が高くても支給されます。



↓記事一覧に戻るときはこちらをクリック

(国民年金編の一覧に戻る)




※内容の質問等には応じていません。ご了承ください。

ランキングに参加中です。応援して頂けると励みになります。お手数ですが、クリックよろしくお願いいたします。
   ↓



最新の記事等のトップへ戻られるときはこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。