遺族基礎年金を受けられる人

出会い系釣り上げ、大量メルマガなどの悪徳サイト情報を発信しています。
国民年金


遺族基礎年金を受けられる人の範囲


1.遺族の範囲

遺族基礎年金は、死亡した人と生計維持関係のあった「子のある妻」又は「」に支給されます。

※言い換えると「夫」や、父母等には支給されません。

※生計維持とは、夫と財布を同じくし、年収で850万円稼ぐ見込みがない人をさします。



2.妻の要件

妻が遺族基礎年金を受けるためには、以下の3にある子と生計を同じくしている必要があります。

(通常、高校生までの子がいる妻。高校を卒業した社会人の子しかいない場合、妻には支給されません。子供に養ってもらえるからです。)

言い換えると夫婦だけであって、(以下の3にある)子がいない場合には遺族基礎年金は支給されません。



3.子の要件

ここでいう「子」とは、婚姻をしておらず、さらに以下の①又は②のどちらかを満たす人をいいます。

① 18歳になって以降、最初の3月31日を迎えるまでの子

通常、高校生までの子です。


② 20歳未満であって、かつ国民年金の障害等級1級又は2級に該当する子

子が重度障害者なら、高校を卒業していても20歳までは遺族基礎年金が支給されます。



(まとめ)


遺族基礎年金は、遺族として「妻と子」が残された場合、まず妻に遺族基礎年金が支給されます。
(もしさらに妻も死亡した場合は子に移ります。)

父子家庭の場合、父が死亡すると子に遺族基礎年金が支給されます。

母子家庭のときは、母が死亡すると子に遺族基礎年金が支給されます。





↓記事一覧に戻るときはこちらをクリック

(国民年金編の一覧に戻る)




※内容の質問等には応じていません。ご了承ください。

ランキングに参加中です。応援して頂けると励みになります。お手数ですが、クリックよろしくお願いいたします。
   ↓



最新の記事等のトップへ戻られるときはこちら