遺族基礎年金の額の改定

出会い系釣り上げ、大量メルマガなどの悪徳サイト情報を発信しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国民年金


遺族基礎年金の額の改定

遺族基礎年金は以下の場合に額が変わります。


1.妻に支給する年金


(1).年金額が増える場合

妻が遺族基礎年金の受給権を取得した当時(夫が死亡した当時)に胎児であった子が生まれたときは、その生まれた月の翌月分から年金額が増えます。

※言いかえると、夫の死亡後に妻が別の子と養子縁組をしても、年金額が増えることはありません。



(2).年金額が減る場合

遺族基礎年金は、子がいる場合に「子の加算」がありますが、その加算の対象となっている子が以下に該当すると、加算の対象から外れ、その子の分の加算がなくなります

(妻に支給する遺族基礎年金は、「(一定の要件を満たす)子のある妻」となっているため、その要件を満たす子がいないと支給されません。ここでは子が複数人いて、そのうちの一人又は複数が以下に該当すると減額されます。)

※遺族基礎年金でいう「子」の要件はこちら → 子の要件へ


① 子が死亡したとき

② 子が婚姻したとき(婚姻届を出していないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある場合も含みます。)

③ 妻以外の者の養子になったとき(養子縁組の届出をしていないが、事実上養子縁組関係と同様の事情にある場合も含みます。)

④ 養子縁組をしていた子と養子縁組を解消したとき

⑤ 妻と生計を同じくしなくなったとき

⑥ 18歳になった後、最初の最初の3月31日が終了したとき(通常高校を卒業したとき。ただし、国民年金法でいう障害等級の1級又は2級に該当する人は除きます。)

⑦ 国民年金法でいう障害等級の1級又は2級に該当する人が20歳になったとき





2.子に支給する年金


子が上記にある「1の(2).年金額が減る場合」に該当すると、遺族基礎年金の額が改定されます


例えば子が2人いて遺族基礎年金が支給されている場合、総額で788,900円+227,000円の計1,015,900円となります。そして2等分された508,000円がそれぞれに支給されます。

もし障害ではない子が18歳になって最初の3月31日を過ぎると遺族基礎年金を受けられる子が1人になり、227,000円の加算がなくなります。そしてその残りの1人に788,900円が支給されます。(508,000円から788,900円に改定。)




↓記事一覧に戻るときはこちらをクリック

(国民年金編の一覧に戻る)




※内容の質問等には応じていません。ご了承ください。

ランキングに参加中です。応援して頂けると励みになります。お手数ですが、クリックよろしくお願いいたします。
   ↓



最新の記事等のトップへ戻られるときはこちら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。