遺族基礎年金の失権、支給停止

出会い系釣り上げ、大量メルマガなどの悪徳サイト情報を発信しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国民年金


遺族基礎年金がもらえなくなるとき

遺族基礎年金が以後もらえなくなることを「失権」、一時的に遺族基礎年金の支給が止まってしまうことを「支給停止」といいます。


1.失権する理由

遺族基礎年金は、一度でも以下に該当すると、もうもらえなくなります。


(1).妻の場合

① 死亡したとき

② 婚姻したとき(届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある場合を含みます。)

③ 直系血族(両親や祖父母等)又は直系姻族(配偶者の両親や祖父母等)以外の人の養子になったとき

④ 加算の対象となった全ての子が減額改定の事由に該当したとき
(妻が遺族基礎年金を受けるには「子のある妻」が要件だからです。)



(2).子の場合

① 死亡したとき

② 婚姻したとき(届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある場合を含みます。)

③ 直系血族(両親や祖父母等)又は直系姻族(配偶者の両親や祖父母等)以外の人の養子になったとき

④ 養子縁組をしていた子が、離縁して死亡した被保険者等の子でなくなったとき

⑤ 18歳になって最初の3月31日が終了したとき(ただし国民年金法でいう障害等級の1級又は2級に該当する子を除きます。)

⑥ 国民年金法でいう障害等級の1級又は2級に該当する子が20歳になったとき





2.支給停止になる理由

一部を省略しますが、以下のような場合に遺族基礎年金がその該当する期間、止まってしまいます。


① 子に特有のものとして、妻が遺族基礎年金を受けられるときは遺族基礎年金の支給が止まります。

言いかえると遺族基礎年金の受給には順番があります。例えば遺族として妻と子が残されたとすると、まず妻が遺族基礎年金を受けられ、子には支給されません。

その後妻が死亡する等して失権すると、遺族基礎年金の支給が子に移ります。



② 生計を同じくするその子の父又は母がいるとき

例えば夫婦と子という家庭で妻が死亡した場合、夫には遺族基礎年金の受給権は発生しませんが、子には遺族基礎年金の受給権は発生します。

しかしこのとき、子は父親に養ってもらえるとして子の遺族基礎年金は止まります。しかし夫が死亡する等すると子の遺族基礎年金の支給停止が解除され、子に遺族基礎年金が支給されます。




↓記事一覧に戻るときはこちらをクリック

(国民年金編の一覧に戻る)




※内容の質問等には応じていません。ご了承ください。

ランキングに参加中です。応援して頂けると励みになります。お手数ですが、クリックよろしくお願いいたします。
   ↓



最新の記事等のトップへ戻られるときはこちら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。