死亡一時金

出会い系釣り上げ、大量メルマガなどの悪徳サイト情報を発信しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国民年金


死亡一時金


第1号被保険者の独自給付として、「死亡一時金」があります。


1.はじめに

死亡一時金は、第1号被保険者の保険料を納めた人が死亡したときに、保険料の掛け捨てを防止するため、遺族に対して一時金として支給されるものです。



2.支給要件

次の①~③の全てを満たしたときに、一定の遺族に支給されます。

① 死亡した人が、死亡した日の前日の時点で、死亡した日のある月の前月分までの第1号被保険者(任意加入被保険者を含みます。)としての保険料を、36ヶ月分納めていること

ここでいう「保険料を36ヶ月分」とは、それぞれ保険料を1ヶ月納めたとき、以下のように月数をカウントします。

保険料納付済期間    = 1ヶ月
保険料半額免除期間   = 0.5ヶ月
保険料4分の1免除期間 = 0.75ヶ月
保険料4分の3免除期間 = 0.25ヶ月


で計算し、合算して保険料が36ヶ月分あればよいです。

※例えば保険料4分の1免除は、保険料が4分の1免除される=75%分だけ保険料を納めるため、0.75ヶ月のカウントになります。

 保険料の免除についてはこちら → 保険料の免除について


② 死亡した人が、老齢基礎年金や障害基礎年金の支給を受けたことがないこと

これらを受けていると保険料の掛け捨てになっていないからです。


③ この人が死亡することにより、この人の妻や子に遺族基礎年金が出るとき

これも保険料の掛け捨てになっていないからです。



3.遺族の範囲

死亡一時金を受けることができる遺族の範囲は、原則として死亡していた者と一緒に暮らしていた遺族(生計を同じくしていた遺族)で、次のとおりです。

① 配偶者

② 子

③ 父母

④ 孫

⑤ 祖父母

⑥ 兄弟姉妹



また、順番が決まっており、①から⑥の順番で受けられ、後の順番の人は受けられません。

ですから例えば遺族として子供と親が残された場合、子供の方が順番が早いので、子供のみ受けられます。



4.支給額

死亡一時金の額は、死亡した人が納めていた第1号被保険者としての保険料の月数に応じて額が決まっており、定額です。


①  36ヶ月分~179ヶ月分  →  120,000円

② 180ヶ月分~239ヶ月分  →  145,000円

③ 240ヶ月分~299ヶ月分  →  170,000円

④ 300ヶ月分~359ヶ月分  →  220,000円

⑤ 360ヶ月分~419ヶ月分  →  270,000円

⑥ 420ヶ月分以上        →  320,000円



※ここでいう月数は、上記(2)の①と同様のカウントをします。ですから例えば保険料半額免除期間が10ヶ月あったとすると、それは0.5を掛けて5ヶ月分のカウントになります。


※なお、付加保険料を3年以上納めていると、8,500円の加算があります。

 付加保険料についてはこちら → 付加年金(付加保険料)




5.支給の調整

死亡一時金は、同一人の死亡について寡婦年金を受けることができるときは、選択になります。

※寡婦年金についてはこちら → 寡婦年金へ





↓記事一覧に戻るときはこちらをクリック

(国民年金編の一覧に戻る)




※内容の質問等には応じていません。ご了承ください。

ランキングに参加中です。応援して頂けると励みになります。お手数ですが、クリックよろしくお願いいたします。
   ↓



最新の記事等のトップへ戻られるときはこちら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。