年金には税金があてられている

出会い系釣り上げ、大量メルマガなどの悪徳サイト情報を発信しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国民年金


税金の負担


国民年金の給付は、保険料だけでまかなわれているわけでなく、国の税金が充てられています。


1.国庫負担割合

原則として、老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金などの年金について、保険料のほかに税金が充てられています。

第1号被保険者が保険料として支払った部分の年金は、原則として給付額の2分の1が税金です。

※なお、実はまだ2分の1となっておらず、現在3分の1から2分の1に引き上げられている途中です。


第2号被保険者や第3号被保険者の期間の部分の年金は、サラリーマンなら厚生年金保険のほうからお金がまわってきて、それが充てられる(=拠出金(きょしゅつきん))ことになっています。



ちなみに、保険料の免除制度を受けている人の部分も、全部(全額免除)又は一部(全額免除以外)が税金が充てられます。




2.事務費

国民年金事業を運営するにあたっていろいろ書類や人件費など当然お金がかかるわけですが、予算の範囲内で市町村などの事務執行費用に税金が交付されています。




↓記事一覧に戻るときはこちらをクリック

(国民年金編の一覧に戻る)




※内容の質問等には応じていません。ご了承ください。

ランキングに参加中です。応援して頂けると励みになります。お手数ですが、クリックよろしくお願いいたします。
   ↓



最新の記事等のトップへ戻られるときはこちら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。