保険料の額(国民年金)

出会い系釣り上げ、大量メルマガなどの悪徳サイト情報を発信しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国民年金


1.第1号被保険者の保険料の額

国民年金の第1号被保険者の保険料は、月を単位として、「基本額に保険料改定率を掛けた額」となっています。(10円未満四捨五入。保険料改定率は賃金等の動向によって決定されます。)

この基本額は法律上、毎年280円程度引き上げられることになっています

※言い換えると保険料額は毎年4月から翌年3月までの1年間の単位で決定され、引き上げを含めて毎年度見直されることになっています。


なお、平成23年度の保険料の額は、 15,020円 です。


※ちなみに、保険料は原則として毎年引き上げられ、法律上では平成29年度で16,900円程度になる予定です。



2.第2号被保険者の保険料の額

第2号被保険者の保険料は、例えばサラリーマンなら通常厚生年金保険に加入しますが、厚生年金保険の保険料を支払うと国民年金の保険料も支払ったことになります

言い換えると、別途国民年金の保険料を納めるということはありません。



3.第3号被保険者の保険料の額

第3号被保険者の保険料は、現在のところ夫がサラリーマンで厚生年金保険の被保険者だとすると、夫が厚生年金保険の保険料を支払うと、上記のように夫の国民年金の保険料を支払ったことになりますが、さらに第3号被保険者である妻の国民年金の保険料も支払ったことになります


※被保険者の種類についてはこちら → 被保険者の種類へ





↓記事一覧に戻るときはこちらをクリック

(国民年金編の一覧に戻る)




※内容の質問等には応じていません。ご了承ください。

ランキングに参加中です。応援して頂けると励みになります。お手数ですが、クリックよろしくお願いいたします。
   ↓



最新の記事等のトップへ戻られるときはこちら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。