出会い系釣り上げ、大量メルマガなどの悪徳サイト情報を発信しています。
年末近くになると、なぜか自宅に霊感商法のダイレクトメールが届きます。

今回は

「円運七色財布」

というものでした。

名前のまま、金運がアップするという「財布」です。


「財布の神様」の中谷尊財というおじ様がこの財布を作成されたようです。このサイフを手に入れると金運がアップし、どんどん幸運がめぐってくるそうです。なお、かなり大きめの長財布です。

・・・ということなのですが、こちらのDMはミリオンアートセンターという霊感商法の会社から届いたもの。そしてDMの中には79ページにも及ぶ冊子。

うがった見方をすると、お金がかかっています。それだけこの手の商法にお金を払う人がいるということですね。

とにかくこの手のものは、サイフをゲットした後に、なんらかの幸運があればもうけもの。「このサイフのおかげか??」と思ってくれれば万々歳でしょうね。

今の時期は年末ジャンボ宝くじを販売している時期ですし、「これを買って、宝くじ1等当てるぞ!!」「当たればこのサイフの代金なんて元が十分とれる!」なんて思ってこの原価の低い商品を買ってくれれば、というところでしょうか・・。



さて、信じる、信じないは人それぞれでしょうが、こういった根拠のない商法に私は否定的です。

やっぱりコツコツ稼ぐのが一番です。今までを振り返ってみて、コツコツ貯めてきた人、こういったものやバクチに手を出してきた人、それぞれが今どのようになっているか。コツコツ貯めてきた人の方が資産が増えている割合が高いはず。

たまたま私のブログにたどりついた人で、買うか買わないかを考えられているとしたら、「お勧めしません」とつぶやいておきます。

このブログは一応、大金は手に入りませんが、普段の生活でちょっぴりお得になる「お小遣いサイト」を紹介しているものでもありますし、そちらで稼がれてみてはいかがでしょうか。


※あくまで一個人の感想であり、この会社の商売やこの商品の販売を妨害するものではありません。





追記:「お金が欲しい!!」と言われる方へ



↑「お金が欲しい!!」と言われる方で、もしお小遣いサイトをご存知ないと言われる場合には、こちらのサイトを紹介しておきます。(なお、現在新規登録者に抽選で1,000円相当のポイント(=現金)が当たります。)


手順としてはフリーメールアドレスを用意し、こちらのサイトに登録します。(画像をクリックされるとサイトへ飛びます。)
そして普段買っているものをこちらのサイトを経由して購入します。するとその商品代金の一部がポイント(=お金)として還元されます。貯まったポイントは自分の銀行口座に振り込んでもらえます。

言い換えれば、安く商品が買えることになりますし、また、自動車保険の見積もりなど無料のものを利用すれば単純にお金がもらえることになります。それがお小遣いサイトと呼ばれるものです。なにかを利用すると逆にお金がもらえるので不思議な感じですね。

これを有効に利用すればその分節約になりますからお金も貯まる、ということになります。
(知人に代わってネットで注文して、ポイント分を稼ぐなんてことも・・。)

広告の中には、普段利用している飲食店を利用するとポイントとして還元されるものもあります。もしお小遣いサイトをご存知ない方は、こういったサイトを利用して少しでも生活を楽にしていただれば・・と思っています。

※最初は「うさんくさい」と思われるでしょうが、フリーメールアドレスOKなのでまずはやってみてはいかがかなと思います。 

※個人的に、お小遣いサイトは節約できるものとして必要なものの一つになっています。物が安く手に入りますからね。
また、利用する方が増えれば増えるほどこういったサイトが存続していくわけなので、多くの方に利用していただきたいです。そしてみんながお得になっていただければと思っています。



ランキングに参加中です。応援して頂けると励みになります。お手数ですが、クリックよろしく
お願いいたします。
   ↓


最新の記事等のトップへ戻られるときはこちら

(NHKニュースより)

K10051809011_1209211217_1209211232_01.jpg



アメリカのパネッタ国防長官は、中国の次の最高指導者への就任が確実視されている習近平国家副主席に対して、沖縄県の尖閣諸島が日米安保条約の適用範囲内だと説明し、日本とのこれ以上の緊張を避けるよう促していたことが分かりました。

これは、アメリカ国防総省の高官がNHKに対して明らかにしたものです。それによりますと、アメリカのパネッタ国防長官は、19日、訪問先の中国で習近平国家副主席と会談した際、尖閣諸島を巡る日中の対立について、「両国の話し合いによる平和的な解決を望む」としたうえで、尖閣諸島は日米安保条約の適用範囲内だと直接説明したということです。
そして、「アメリカは安全保障条約の責任がある」として、仮に軍事的な衝突に発展すれば、アメリカも関与せざるをえないという認識を伝えたということです。
パネッタ長官は、中国の梁光烈国防相らにもこうした考えを伝えたということで、アメリカとしては、中国政府の指導部に日本に対する条約上の義務を直接説明することで、中国が挑発的な行動に出ないようくぎを刺すねらいがあったものとみられます。




先日、アメリカのパネッタ国防長官が中国を訪問していましたが、こういったやりとりがあったようですね。
軍が動かない状態が一番ですが、とにかく尖閣問題が収束に向かってほしいものです。



ランキングに参加中です。応援して頂けると励みになります。お手数ですが、クリックよろしく
お願いいたします。
   ↓


最新の記事等のトップへ戻られるときはこちら

 (産経新聞より)

「中国は海洋紛争の関係諸国に対し好戦的な暴漢のようにふるまい、とくに日本に向かって官営メディアやブログが国内の反日感情をあおり、各都市で反日暴動まで起こしているが、米国はあくまで同盟国としての日本を支援します」

 日本側としては、ほっとさせられる言明だった。米国連邦議会の下院外交委員会がつい先週、開いた南シナ海などでの中国パワー拡張についての公聴会だった。その冒頭で委員長のイリアナ・ロスレイティネン議員が中国の南シナ海から西太平洋での行動を無法だと非難し、その軍事の攻撃や威嚇には米国海軍を使っても日本やフィリピンを守るとまで明言したのだ。

 オバマ政権の高官たちの「尖閣には日米安保条約が適用される」という無機質な言明にちょっと息を吹きこむと、こうなるのか。伝統的に同盟の絆を重視し、しかもいまは野党の共和党の議員だから、こうした日本擁護の強い言葉が出るのか。

 だがオバマ政権と同じ民主党の同外交委筆頭メンバーのハワード・バーマン議員からも意外に強い見解が表明された。

 「南シナ海などでの今回の緊迫は中国側が一方的に火をつけました。中国の領有権主張はいつも膨張的で根拠が不明確なのに、いままたさらに攻撃的、挑発的となった。オバマ政権は中国のアジア海域での覇権の拡張を許さないでしょう」

 中国側の反日の部分にも鋭い批判がぶつけられた。中国政府の人権弾圧を長年、糾弾してきた共和党のクリス・スミス議員の発言だった。

 「中国の独裁政権は反日をあおるために、インターネットの検索でも『拷問』というと、戦時の日本軍の残虐行動の事例だけが山のように出るようにしています。古い出来事を昨日のことのように提示し、自分たちの現在の拷問はすべて隠す。日本はこうした動きに真剣な懸念を抱くべきです」

 米国側はこの種の領有権紛争にはもちろん超党派で平和的な解決を求めるが、この公聴会は尖閣を含む中国がらみの海洋紛争をすでに軍事課題に近い位置づけをしていることが明白だった。ロスレイティネン委員長も冒頭の声明で「中国の西太平洋までもの覇権の追求のために海洋での軍事衝突の可能性が確実に高まってきました」と述べていたのだ。だから南シナ海、東シナ海での米軍の戦力強化もしきりに論じられた。

 その過程でロバート・ターナー(共和党)、ジェラルド・コナリー(民主党)、ブラッド・シャーマン(同)の3議員からはっきり日本の名をあげての「防衛費の増額」「米国との共同防衛の強化」そして「尖閣諸島の独自の防衛」の要請がなされた。

 証人として発言したトシ・ヨシハラ米海軍大学教授は「尖閣防衛の主責任は当然、日本にあり、万が一の中国の尖閣攻撃には日本が最初に自力で対処して、反撃しなければ、日米共同防衛も機能しないでしょう」と述べた。こうして最悪の事態の軍事衝突を想定して、その対処への能力の強化を語るのは、軍事の強固な備えがあれば、軍事攻撃が防げるという抑止の思考からだろう。

 こうした米国議会での尖閣に触れる議論は政権の公式言明よりはずっと米側全体の本音に近いだろう。その本音は尖閣紛争を日本側よりもはるかに深刻に、切迫した危機としてみているように思えるのだった。




 (ロイターより)

米国務省のキャンベル次官補(東アジア・太平洋担当)は20日、上院外交委員会小委員会で、日本と中国の間で深刻な問題となっている尖閣諸島(中国名:釣魚島)について、日本が攻撃された場合に米国が日本を防衛することを定めた日米安保条約の「明らかな」適用対象との認識を示した。

キャンベル次官補は、領有権に関する見解を示すのは控えたものの、日本が尖閣を管理していることを「はっきり認める」とし、「よって、(米国の対日防衛義務を定めた)日米安保条約第5条の明確な適用対象となる」と述べた。

そのうえで、最近中国各地で起こっている反日デモなどの動きが、米国にとってより深刻な懸念になっていると説明した。



いずれも9月20日のことですが、アメリカが尖閣諸島について、「日米安保の適用対象」と述べました。また、アメリカ国務省のキャンベル次官補は、「1972年の沖縄返還のときに、尖閣諸島も含まれていた」とも述べています。

言い換えれば、ストレートには言いませんが、尖閣諸島は日本の領土という認識をアメリカは持っているということです。

まぁ、過去の文書等を探すと、中国側も以前は日本の領土と認めていた事実があるので日本の領土であることは明らかなのですが・・。

9月21日のニュース番組で、中国の習近平が日中関係について強行路線だったのがトーンダウンしているという感じの内容を報道し、アメリカが出てくるとこんなにも状況が変わるものかと驚いたものです。

結局、他国も明らかに尖閣諸島は日本の領土と認めているわけで、何かあればアメリカの軍が動くとなれば、中国は今後尖閣諸島について強行路線はとりにくくなるでしょう。

しかし、中国国内では日本製品を買わないという「不買」運動だけでなく、売らないという「不売」運動まで出ているようです。よくぞここまでできるなと思いますね。

領土の主権について争う余地がない以上、今後は日中関係が早く改善してくれることを願うばかりです。



ランキングに参加中です。応援して頂けると励みになります。お手数ですが、クリックよろしく
お願いいたします。
   ↓


最新の記事等のトップへ戻られるときはこちら
私は楽天でお買い物をします。

できるだけ楽天のポイントを貯めるよう心がけています。


楽天ポイントを貯める
(楽天カードや楽天のEdyの使用、メルマガやアンケート回答など)
   
    ↓

お小遣いサイトを経由して楽天でお買い物をし、お小遣いサイトと楽天のポイントをダブルで獲得

    ↓

お小遣いサイトのポイントの換金を、「楽天銀行」へ行う
(楽天銀行に振込みすると、楽天のポイントがもらえます(※ハッピープログラム)。)

    ↓

楽天銀行への振込みが1万円以上貯まったら、投資信託を購入
(投資信託の保有で、残高によりポイントがもらえます。)

    ↓

貯まったポイントを使って楽天でお買い物
(できるだけ貯まったポイントの範囲で・・。楽天のポイントだけで商品を購入しても、お小遣いサイトと楽天のポイントはもらえます)



ということを繰り返しています。

完全に楽天にハマっていますね。
(ちなみに、「楽天」という企業が好きかどうかは別で、好きとか嫌いとかいうものはありません)


「どんどんポイントや楽天銀行の口座残高が増えてウハウハじゃ~~!!!」

・・・ということはありませんが、基本的に無料で物が手に入り、銀行の残高が増えていくわけですから自分的には満足です。

今回、楽天で大量ポイントを獲得できるキャンペーンが行われていて、中古ですが、よいパソコンを見つけたので自分へのご褒美で楽天経由で購入しました。4GBメモリのパソコンが2万円を切っており、うんうん深く考えた末、購入を決意です。貯まった楽天ポイントも充当したので、かなりお安く買えました。

今年、ウインドウズ8が出て、来年には新しいバージョンのofficeが出ると言われているのでなんとか粘ろうと迷ってはいたのですが、そのつなぎも兼ねています。

前回も記事にしたのですが、ゲームをすると固まってしまうので、中古で、かつネットでの購入にちょっぴり不安な部分もありますが、何とかサクサク動いてくれて、少なくとも来年いっぱいまではスペック的に持ってくれれば・・。



(楽天銀行)





(楽天カード)






(ドル箱)
現在、楽天で商品を購入すると、さらに1%のポイントバックがあります。楽天ポイントとダブルで貯まります。

ポイント貯めて現金やギフト券に交換できるお得サイト|ドル箱

(げん玉)
こちらも同様です。



ランキングに参加中です。応援して頂けると励みになります。お手数ですが、クリックよろしく
お願いいたします。
   ↓


最新の記事等のトップへ戻られるときはこちら
久々の更新です。

最近、お小遣いサイトのワラウJPというサイトで、「みんなでヤギレース」というコーナーができました。

以前は「ヤギレース」といって、1ヶ月に1回ヤギがレースをし、1位を当てるというゲームだったのですが、大幅に変わってスタートしました。

今回育成ゲームのようになり、ヤギを鍛え、レースに参加し順位を競うというものです。
また、チームを作り、レースに参加するとチームでのポイントがもらえ、そのポイントがたまるとチームにとって有利なスキルがもらえます。

という感じなのですが、育成要素ができたのでそれなりに楽しいです。

仕事が忙しいため、当然に日中参加できないのと、レースをするとそれなりに時間がかかるため、なかなかレースに参加できていない状態です。ですからチームに貢献できているかというとどうかと思いますが、少しでもお役に立てれば・・。

ポイントサイトでのポイント稼ぎに加え、いろいろがんばります。


遊んで貯めるポイントサイト - Warau.JP


(管理人のつぶやき)
しかしこのゲーム、かなり重すぎです・・。するたびにメモリ使用率が大幅にアップし、私のノートパソコン君が悲鳴をあげています。そのため、レースやトレーニングでかなり時間をロスします。結構前のパソコンで、メモリ増設を繰り返してなんとかやっていますが、もう限界ですね。もう少しこのゲーム、軽くならないものか・・。



ランキングに参加中です。応援して頂けると励みになります。お手数ですが、クリックよろしく
お願いいたします。
   ↓


最新の記事等のトップへ戻られるときはこちら